福井県・福井市・瑞源寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)福井県福井市>瑞源寺
【 概 要 】−瑞源寺の創建は天平2年(758)、泰澄大師が開山したのが始まりと伝えられています。宝亀2年(771)には光仁天皇の勅願祈祷所になるなど寺運が隆盛しますがその後衰退します。延宝元年(1673)、吉江藩(福井藩の支藩)藩主松平吉品が再興し、母親である高照院の菩提寺とします。延宝2年(1674)吉品が福井藩主となり福井城に入ると瑞源寺も随行し現在地に境内を移しています。以降、歴代福井藩主に庇護され、寺領100石が安堵されています。現在の本堂は万延元年(1860)に福井城本丸御殿の御小座敷と天保2年(1831)に大奥御座之間移築したものを取り込んだもので、福井城の建造物の遺構としては唯一のものとして福井県指定文化財に指定されています。又、境内の高台には探源院(吉品)と高照院の墓が建立されています。又、福井藩の藩士だった富田家の菩提寺でもあり、中には幕末の藩校明道館の教授を勤めた富田鴎波の墓碑も建立されています。鴎波は明治維新後の明治5年(1872)に福井県初の新聞とされる「撮要新聞」や明新中学の校長を勤めるなど教育の発展に尽力しています。

瑞源寺(福井市):周辺の見所

大安禅寺 北の庄城 心月寺 西光寺 称名寺 瑞源寺

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。