福井県・大野市

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)福井県>大野市

大野市:一覧

柳迺神社
柳迺神社
概要: 創建は明治15年、大野藩7代藩主土井利忠を祭霊を勧請したのが始まり。利忠は幕末の名君と呼ばれ、政策を次々と行い大野藩を立て直した言われています。現在も大野市の産業、商業の祖として信仰されています。
平成大野屋
平成大野屋
概要: 洋館は昭和12年に建てられたもので木造2階建て、切妻、桟瓦葺、外壁は下見板張り塗装仕上げ、軒下周りは土壁左官仕上げ。土蔵は明治20年頃大七銀行の担保蔵として建てられたもので国登録有形文化財に登録。
善導寺
善導寺
概要: 創建は永禄元年に開かれたのが始まり。江戸時代に入ると、大野藩主土井家の菩提寺として庇護され寺運が隆盛し、寛政4年に再建された本堂の背後には藩主が利用した「御成りの間」を設けるなど格式の高さが感じられます。
朝倉義景墓
朝倉義景墓
概要: 天正元年、織田信長の一乗谷の侵攻により朝倉義景は一族である朝倉景鏡が守る大野の地に落ち延び洞雲寺で再起を図ろうとしましたが裏切られ自刃、寛政12年、朝倉家の後裔とされる花倉家、松田家が墓を建立しました。
大野・町並み
越前大野城下・町並み
概要: 大野地は戦国時代に織田信長の家臣金森長近が当地を与えられ、居城である大野城を築き、城下町として町割されたのが基本となっています。江戸時代初期には大野藩の藩都として、家臣や商人、社寺仏閣が集まりました。
円徳寺
円徳寺
概要: 円徳寺は江戸時代初期に創建された浄土真宗大谷派の寺院です。山門は入母屋、桟瓦葺、一間一戸、四脚楼門、上層部は鐘撞堂。
光明寺
光明寺
概要: 光明寺の山門は江戸時代後期に大野城の鳩門として建てられたもので、明治36年に境内に移築されています。入母屋、桟瓦葺、三間一戸、上層部は火災により焼失し寺院の山門として改められています。
 
 
 
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。