群馬県・安中市・新島襄旧宅

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県安中市>新島襄旧宅
【 概 要 】−新島襄は天保14年(1843)、安中藩江戸上屋敷で生まれた安中藩士で、函館へ留学の後、米国船に乗り込み脱国しアメリカに渡りました。明治5年(1872)、罪が許され岩倉使節団の通訳となりアメリカ、ヨーロッパ諸国に随行、任を果たした後アメリカのアンドーヴァー神学校入学して牧師となっています。明治7年(1874)に帰国、明治8年(1875)には京都の旧薩摩藩邸跡の敷地を購入し同志社英学校(現同志社大学)の設立に尽力し、明治23年(1890)に大磯の旅籠百足屋で腹膜炎により逝去しています(享年48歳)。安中の地は父母の家が住んでいた場所で新島襄もここを拠点にし西洋文化やキリスト教を広めています。昭和38年(1963)に新島襄の旧宅(両親の居宅、新島襄は3週間程滞在しています。)を移築し、内部には関係資料を展示しています。建築年代は不詳ですが両親が幕府が崩壊し安中藩が廃藩となり、安中に戻ってから新築、又は購入したと考えられる為、江戸時代末期から江戸時代初期頃の建物と思われます。内部の間取りから、当初は2戸で1棟の長屋形式で武家長屋の形式を継承しているようですが、市内に残る武家長屋と比べると規模が大きくある程度の格式を持っていた事が窺えます。新島襄旧宅は安中市指定史跡に指定されています。

新島襄旧宅(安中市):周辺の見所

横川茶屋本陣 安中城 新島襄旧宅 めがね橋 旧安中藩郡奉行役宅 補陀寺 五料茶屋本陣お東 不動寺 大泉寺 松岸寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。