群馬県・伊勢崎市・天増寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県伊勢崎市>天増寺
【 概 要 】−天増寺の創建は慶長8年(1603)、伊勢崎藩主となった稲垣長茂が開いたのが始まりとされ稲垣氏累代の菩提寺となりました。稲垣氏は元和2年(1616)、大阪の陣で功を挙げた事で越後藤井藩へ2万石に加増移封しましたが菩提寺を変える事はありませんでした。江戸時代を通して幕府から庇護され慶安2年(1649)には3代将軍徳川家光により寺領40石が安堵、上野常恒会十四檀林の一寺となったことで寺運が隆盛します。何度か火災によって堂宇が焼失し現在の山門は嘉永5年(1853)に再建されたものです。山門は三間一戸の楼門形式で入母屋、瓦葺き、軒唐破風を設え、一部彫刻には極彩色で彩るなど格式の高さを窺えます。境内には貞和2年(1346)に建立された宝塔(総高:224p−群馬県指定重要文化財)や稲垣家累代の墓(伊勢崎市指定史跡)の他赤石城攻防戦で命を落とした那波小太郎、小次郎兄弟の墓碑があります。又、寺宝である絹本著色、稲垣平右衛門長茂像附同重宗像は伊勢崎市指定重要文化財に指定されています。

天増寺(伊勢崎市):周辺の見所

天増寺 泉龍寺 旧森村家住宅 明治館 連取の松(菅原神社) 伊勢崎陣屋 旧時報鐘楼 宝珠寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。