群馬県・甘楽町・宝積寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県甘楽町>宝積寺
【 概 要 】−宝積寺の創建は不詳ですが当初は南方の山の中腹に庵を構え天寿庵と称していました。境内には弘安3年(1280)の石碑もありそれ以前から開基され大きな影響力をもっていました。中世に入ると領主である小幡実高が中興開基となり宝徳2年(1450)に再興し歴代小幡家の菩提寺としました。小幡氏は武田家に仕え、その後小田原北条氏に仕えるなどいずれも主家が滅亡した為没落しましたが歴代の墓は住職と子孫が守り続け甘楽町指定史跡に指定されています。江戸時代に入った元和3年(1617)、織田信良が2万石で小幡藩主となると自らの菩提寺(後に崇福寺に改葬)としました。現在の本堂は寛政5年(1793)に建てられた寄棟、銅板葺き、桁行き11間の古建築物で開山堂の天井には狩野派によって描かれています。境内には歴代小幡家の墓碑の他菊女と母の墓、宝暦から明和にかけて建立された"身代わり地蔵"、永禄6年(1563)宝積寺合戦の折、巌空坊が切腹した伝説が残る"天狗の腹切り石」"、甘楽町銘木十選に選定されている"しだれ桜"と"大いちょう"などがあります。

宝積寺(甘楽町):周辺の見所

崇福寺(織田氏七代の墓) 旧松井家住宅 小幡陣屋(楽山園) 宝積寺 長厳寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。