群馬県・甘楽町・崇福寺(織田氏七代の墓)

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県甘楽町>崇福寺(織田氏七代の墓)
【 概 要 】−崇福寺の創建は不詳ですが4代小幡藩主織田信久が織田家歴代の菩提寺とする為、廃寺だった前身寺院を臨済宗の寺院として再興しています。織田家は立藩当初は宝積寺を菩提寺にしていましたが問題が生じ3代までの墓石を崇福寺に移しています。再興にあたっては3年の歳月が費やされたそうで本堂と墓石までは廻廊で結び墓の上部には上屋が設けられ勅使門を配置するなど寺運も隆盛しますが明和4年(1767)に"明和事件"の不手際から高畠藩(山形県高畠町)に移封になると庇護者を失い次第に衰退し、明治4年には火災により堂宇が全焼するなど災難が続きます。現在は本堂の他に位牌堂が再建され歴代小幡織田家の位牌が安置され、背後には初代織田信雄以下7代の墓碑が並んでいます。又、崇福寺正面には「下馬」の碑があり、当時勅使門には後醍醐天皇が直筆した「大荘厳域」の勅額があり崇敬の念からここで馬を下りることが決められたそうです。織田氏七代の墓と下馬の碑は甘楽町指定重要文化財に指定されています。

織田氏七代の墓(甘楽町):周辺の見所

崇福寺(織田氏七代の墓) 旧松井家住宅 小幡陣屋(楽山園) 宝積寺 長厳寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。