群馬県・桐生市・旧群馬衛生所

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県桐生市>旧群馬衛生所
【 概 要 】−旧群馬衛生所は明治11年(1878)に建てられた建物で当初は県立医学校を併設していました。その後は県立女学校、師範学校付属小学校などを経て昭和3年に現在地に移築して村役場となり、さらに市役所の主張所や公民館に利用されました。木造2階建て、寄棟、瓦葺きの建物で、外壁は下見板張り、縦長の上げ下げ窓、玄関扉上部のファンライト、玄関ポーチ、バルコニー、柱飾り、棟飾りなど当事の洋風建築の要素を取り入れています。特に正面玄関周りは凝った造りで正面性を強調し印象深い建物になっています。明治時代初期に建てられた洋風建築の典型として貴重な存在で昭和51年に国指定重要文化財に指定されています。

旧群馬衛生所(桐生市):周辺の見所

矢野本店 桐生織物会館 西方寺 金善ビル 鳳仙寺 武井廃寺塔跡 旧群馬衛生所
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。