群馬県・みなかみ町・旧戸部家住宅

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県みなかみ町>旧戸部家住宅
【 概 要 】−旧戸部家住宅は18世紀前期に建てられたと推定され、木造平屋建て、寄棟、茅葺、直屋形式、桁行き10間、梁間4間の農家建築です。外観的には軒が低く開口部が少ないが特徴で、軒には草花を植えるなど当時の群馬県北部に見られた農家建築の屋根の形態も見られます。内部は向って右半分が土間空間で左手が居住空間になっています。居住空間には客室や床の間、冠婚葬祭用の玄関を設えるなど一定階級以上の格式も見てとれます。旧戸部家住宅は昭和45年に国指定重要文化財に指定され、昭和48年に町が譲り受け川場村立岩から現在地に移築保存されています。

旧戸部家住宅(みなかみ町):周辺の見所

旧戸部家住宅 泰寧寺 茂左衛門地蔵尊 旧大庄屋役宅書院
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。