群馬県・沼田市・迦葉山弥勒寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県沼田市>迦葉山弥勒寺
【 概 要 】−迦葉山弥勒寺の創建は嘉祥元年(848)、葛原親王の発願で慈覚大師円仁が開山したのが始まりと伝えられています。当初は天台宗の寺院でしたが康正2年(1456)に曹洞宗に改宗しています。江戸時代に入ると徳川家康の祈願所でもあった為、幕府から庇護され寺領100石の朱印状を賜り10万石の格式を有しました。又、迦葉山弥勒寺は江戸時代初期までは沼田藩(本城:沼田城)真田家の庇護となり、最後の藩主となった真田信利が配流先の宇都宮で不遇の死を迎えると、その菩提が迦葉山弥勒寺まで運ばれ境内に墓碑を建立したそうです。高尾山薬王院(東京都)、鞍馬寺(京都府)とともに「日本三大天狗」の一つに数えられ、中峯堂内には天狗面の購入と奉納を繰り返すといった習わしが残り、多くの天狗面で埋め尽くされています。特に昭和14年に奉納された大天狗面は高さ6.5m、鼻の長さ2.8mあり日本一の大きさを誇るそうです。山門は楼門形式の壮大なもので往時の繁栄が窺えます

迦葉山弥勒寺(沼田市):周辺の見所

東禅寺 旧土岐家住宅 天桂寺 舒林寺 正覚寺 沼田城 神明宮 迦葉山弥勒寺 河内神社 旧生方家住宅
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。