群馬県・太田市・大光院

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県太田市>大光院
【 概 要 】−大光院の創建は慶長18年(1613)、徳川家康が祖先とされる新田義重を祀る為に呑龍上人を招いて開山したのが始まりと伝えられています。以来、徳川家、幕府から庇護されて江戸時代を通して御朱印300石が与えられ関東十八檀林の一寺となるなど寺運が隆盛しました。東上州三十三観音特別札所や群馬七福神の弁財天などと共に呑龍上人が多くの子供の貧困者を集め子弟として施しを与えた故事から子育てに御利益がある寺院として多くの信者や参拝者が訪れました。現在境内の正面にある山門は元和元年(1615)に建立されたもので、当初は中門と呼ばれていましたが上棟した日が大坂城が落城した日と重なる事から吉祥門と徳川家康自らが名付けたそうです。山門は三間三戸、切妻、桟瓦葺きで一部改修された部分があるものの多くが創建当時の姿を留めていて昭和47年に太田市指定重要文化財に指定されています。又、本堂も大正14年に大改修されたものの構造部や内陣などが創建当時のままとされ、方丈や庫裏も歴史を感じさせてくれます。

大光院(太田市):周辺の見所

長楽寺 世良田東照宮 正法寺 曹源寺(さざえ堂) 金龍寺 新田金山城 冠稲荷神社(源義経の縁) 大光院
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。