群馬県・太田市・金龍寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県太田市>金龍寺
【 概 要 】−金龍寺の創建は元享元年(1321)、新田義貞が天真自性和尚を招いて開山したのが始まりと伝えられています。延元3年(1338)に義貞が戦死した事で一時衰退しますが応永5年(1398)に一族である源満純(後の岩松氏)が諸堂を再建し中興開基しています。その後、応永24年(1417)に当時の金山城主横瀬貞氏(後の由良氏)が現在の福井県から義貞の遺骨を境内に移し、廟所を建立し木像を安置しました。天正18年(1590)、横瀬(由良)国繁は小田原の役で北条側に組した為、現在の茨城県牛久市へ移封となり金龍寺も2派に分かれ一派は横瀬氏に随行し牛久更には龍ヶ崎(龍ヶ崎市)へ移ります。現地に残った本寺は庇護者を失い衰退しましたが慶長年間(1596)館林城主榊原康政父子によって寺領の寄進や境内の整備を行い再興されています。又、境内にある新田義貞の供養塔、横瀬氏(由良氏)五輪塔は昭和49年に太田市指定史跡に指定されています。

大光院(太田市):周辺の見所

長楽寺 世良田東照宮 正法寺 曹源寺(さざえ堂) 金龍寺 新田金山城 冠稲荷神社(源義経の縁) 大光院
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。