群馬県・太田市・長楽寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)群馬県太田市>長楽寺
【 概 要 】−長楽寺の創建は承久3年(1221)、後鳥羽上皇の勅願により徳川家の祖と言われている徳川義季が栄朝禅師を招いて開山したのが始まりと伝わっています。鎌倉時代は新田氏に庇護されて寺運が隆盛し南北朝時代初期に新田義貞が戦死すると一時衰退、その後は足利尊氏が庇護します。戦国時代を前後して再び衰退しますが慶長8年(1603)徳川家康が征夷大将軍になると徳川家縁の寺院として天海僧正を招いて再興し徳川義季以下累代の墓守寺としました。寛永21年(1644)、三代将軍家光が日光東照宮を改めて造営すると、2代将軍徳川秀忠が造営した日光東照宮の旧社殿を長楽寺境内に移築し家康の分霊を勧請したことで新たに世良田東照宮を創建し当寺は別当寺となります。江戸時代を通して幕府から寺領は200石の朱印地を与えられ寺運が隆盛し「お江戸見たけりゃ 世良田にござれ 世良田七宿七小路 お江戸勝りの長楽寺 池に反り橋 下り松」と唄われました。明治時代なると庇護者を失い衰退し、さらに神仏分離令により世良田東照宮と分離、多くの堂宇が失われましたが、勅使門、太鼓門、三仏堂が残り群馬県指定重要文化財に指定されている他、石宝塔や絹本墨画出山釈迦図、紙本墨書長楽寺文書が国指定重要文化財に絹本墨画淡彩呂洞賓図、絹本墨画月湖観音像 、絹本墨画葡萄図 伝・日観筆 双幅 、絹本墨画枯木図 、紙本墨画蘭図 、絹本著色無準師範像 、絹本著色牧翁了一像 、絹本著色荏柄天神像 、絹本著色律台栄宗像 、絹本著色慈覚大師像 、絹本著色山王曼荼羅図 、絹本著色十六羅漢図 が群馬県指定重要文化財に指定されています。

長楽寺(太田市):周辺の見所

長楽寺 世良田東照宮 正法寺 曹源寺(さざえ堂) 金龍寺 新田金山城 冠稲荷神社(源義経の縁) 大光院
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。