※このサイトは境内に山門(門扉)がある神社の写真や、私論、感想を掲載しています。

 鉾持神社と高遠城

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の神社山門長野県>鉾持神社(高遠城)

鉾持神社・神社山門:写真

鉾持神社(伊那市高遠町)と高遠城

鉾持神社(伊那市高遠町):概要

鉾持神社長野県伊那市高遠町)は奈良時代の養老5年(721)に小治田宅持によって創建されたと伝わる神社です。小治田宅持は平安時代初期の延暦16年(797)に菅野真道らが編纂に携わり完成した「続日本記」によると和銅元年(708)3月13日に従五位下、信濃守に就任した事が記されてる事から、信濃守だった事が判ります。次に信濃守に就任したのは佐伯沙弥麻呂で同じく「続日本記」によると和銅7年(714)10月13日とある事から、鉾持神社の由緒通りだと創建した当時の信濃守は佐伯沙弥麻呂だった事になります。小治田氏と言えば、奈良時代の中央官僚の一人小治田安萬侶が大変珍しい墓誌付の火葬場が発見された事で知られ、小墾田宮(宮殿)など地名にもある事とから大和(現在の奈良県)出身と推定され、鉾持神社の祭神は何れも伊豆半島近郊に鎮座している為、やや関係が薄いと思われます。一方、佐伯氏は天孫降臨の時に彦火瓊々杵尊を先導した天押日命を祖としている氏族で、彦火瓊々杵尊は伊豆神社の祭神と同神ですが積極的に祭るにはやや弱いかも知れません。次に鉾持神社に関わったとされるのが源重之で、安和2年(969)頃に信濃守に就任した際に、伊那郡笠原に遷座し社殿を造営したとされます。源重之は清和天皇の曾孫で平安時代中期の歌人・貴族・三十六歌仙の一人として知られ「拾遺和歌集」以下に約70首みることが出来ます(境内には源重之の歌碑[ しなのなる伊那にはあらじかいがねの つもれる雪の解けんほどまで ]が建立されています)。当時は政教一致の政策が採られていた為、国司が神社の祭祀を司る事は一般的ですが、あくまでその国の一宮や総社、延喜式式内社など格式の高い神社の事で鉾持神社のような地方の神社に関わったとは一概には信じられない面もあり、当初は素朴な地元神が祭られていたと考えるのが妥当と思われます。

平安時代末期になると地頭として石田刑部が赴任してきますが、治承4年(1180)に鎌倉方に攻められ敗北、代わって養和元年(1181)に鎌倉郡代として日野喜太夫宗滋が赴任、元暦元年(1184)に北村島崎に遷座し若宮社と称していたそうです。これが事実とすれば「若宮」は「若宮八幡宮」の略称と考えられる為、応神天皇(八幡神)の御子神である仁徳天皇(大鷦鷯尊)が祭られていたと考えられます。文治元年(1185)、日野源吾宗忠(日野喜太夫嫡男)が再び旧地である笠原に遷座し社殿を造営しようと、社地を造成した際、「霊鉾」が出現した事から霊鉾を御神体とし、社号を鉾持神社に改めたそうです。鉾持神社の祭神である伊豆・箱根・三嶋の三社は何れも源頼朝が篤く崇敬した神社である事から、由緒とは異なりますが頼朝に従ったと見られる日野喜太夫宗滋か日野源吾宗忠の代に勧請され現在の形が形成されと思われます。

一方、高遠城長野県伊那市高遠町)は元暦年間(1184〜1185年)に平維茂の後裔とされる笠原平吾頼直によって築かれたとされます。そうなると、同時期に日野氏と笠原氏の2人が領主だった事になり矛盾を感じます。その後の笠原氏が高遠城を居城として利用したのかは判りませんが、戦国時代には佐久郡の国人領主として武田信玄(躑躅ヶ崎館の城主)の佐久侵攻に反抗し立て籠もった志賀城が落城すると討ち取られ没落しています。高遠城の歴史が明確になるのも戦国時代からで、諏訪氏(諏訪大社の神官家)一門の高遠氏の居城として利用されて利用されていました。しかし、武田信玄の佐久侵攻が完遂すると、武田家の軍師として名を馳せた山本勘助や重臣の秋山虎繁によって高遠城は改修、拡張が行われ武田方の一大拠点となり、有力家臣が城代を歴任しました。特に、信玄と諏訪御料人との子供である諏訪四郎勝頼(後の武田勝頼)が配されている事からも重要性が窺えます。江戸時代に入ると高遠藩が立藩し、高遠城はその藩庁、藩主居館が設けられ、中心施設として常に重要視されました。高遠藩は、京極氏・保科氏・鳥居氏・内藤氏と藩主を歴任し明治維新を迎え、明治4年(1871)に廃藩置県が施行されると廃藩となり高遠城も廃城となっています。

鉾持神社は高遠城の守護神として位置づけられていた事から、上記の歴代城主から篤く庇護され領内の中心的な神社として信仰を集めました。現在でも毎年2月11日の「だるま市」には、幸運を齎すと云われる福だるまを求める多くの人で賑わいます。神社山門(赤門・冠木門)は江戸時代中期の元禄年間(1688〜1704年)に造営されたもので伊那市指定文化財に指定されています。

長野県の神社山門
生島足島神社刈谷沢神明宮小菅神社松本神社皆神神社新海三社神社戸隠神社筑摩神社
諏訪大社上社本宮鉾持神社(高遠城)有明山神社八幡神社小内八幡神社鳩ヶ嶺八幡神社
 ※ このサイトは資料やパンフレット、案内板などを参考にしていますが、私的な見解や推察などが多分に含まれている為、最終的な確認、決断は個人で行ってください。又、文章や写真の利用は御遠慮ください。