茅葺屋根: 下時国家住宅

全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茅葺屋根:集落石川県(能登半島など)>下時国家住宅
下時国家住宅
下時国家住宅(直屋造り
下時国家住宅
・場 所石川県輪島市町野町西時国
・建築年・江戸時代中期:18世紀中頃
・形 体・木造平屋建、入母屋、茅葺、平入、桁行24.2m、梁間14.7m。
・文化財国指定重要文化財
・指定日・昭和38年(1963)7月1日
・概 要・下時国家は平時忠の後裔と伝わる旧家で、江戸時代には加賀藩領西時国村肝煎りや塩吟味役、山廻役などを歴任し、農業、製塩業、廻船業などを担いました。農家建築の遺構として貴重な存在です。
下時国家住宅座主家住宅喜多家住宅妙成寺阿岸本誓寺松尾神社黒丸家住宅上時国家住宅
※ このサイトの、写真や文章のコピーは遠慮してください。又、茅葺屋根は維持管理が難しく多額な費用がかかる為、現在は他の屋根材に葺き替えらている可能性があります。最終確認は自己責任で行ってください。御理解の程よろしくお願いします。