長野県・長野市松代町・旧文武学校

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県長野市松代町>旧文武学校
【 概 要 】−松代藩では6代藩主真田幸弘が松代城の城下に稽古場を設けて、宝暦8年(1758)には江戸から儒学者である菊池南陽を召還するなど人材育成に尽力しました。文化3年(1806)に稽古所が火事により焼失し新たに清須町の喰御用屋敷が学問所として開設します。8代藩主真田幸貫の時代になると喰御用屋敷(学問所)も手狭となり広く学問を学ぶ事が望まれた為、新たに藩校の建設が計画されました。松代藩士で、松代三山に数えられた佐久間象山は「学制意見書及学堂規則」を家老である矢沢監物に提出し水戸藩の藩校である弘道館茨城県水戸市)に倣う為、藩士数名が水戸藩に派遣され、藩校の教育方法や経営、建物の仕様などを習得させました。当時の松代藩(本城:松代城)の財政は逼迫していましたが幸貫の英断により藩校の建設が開始され、途中に幸貫の死去という不幸がありましたが9代藩主真田幸教は先代の偉業を引き継ぎ嘉永6年(1853)に完成しました。他の藩校とは異なり宗教色を排除したことから儒教的な教育は行わず孔子廟も建てられませんでした。校内には正庁・東序・西序・剣術所・柔術所・弓術所・文庫蔵・番所・門などが設けられた本格的なもので当時では最先端であった西洋医学や西洋砲術なども教えていたそうです。明治時代に入ると兵制士官学校を併設しましたが明治4年(1871)の廃藩置県と明治5年(1872)の学制制度の発令によって廃校となりました。ただし、その後も教育施設として利用され昭和40年代まで松代小学校の校舎でした。現在の旧文武学校の建物群は開校当時の姿のまま保存されており全国的に見てみも貴重な存在として昭和28年に国指定史跡に指定されています。

旧文武学校(長野市松代町):周辺の見所

旧横田家住宅 山寺常山邸 長国寺 鐘楼 松代城 旧白井家表門 西楽寺 林正寺 小山田家住宅 皆神神社 旧文武学校 大鋒寺 大本営跡 大英寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。