旧長野県庁舎(自治研修所)

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県長野市>旧長野県庁舎
【 概 要 】−旧長野県庁舎は大正2年(1913)に建てられた木造2階建て寄棟、外壁は白漆喰で仕上げられた建物です。外観はシンメトリーな構成で中央玄関部は前に張り出し、車寄せ上部がバルコニーでそれを支える柱は円柱で上部は意匠を施しています。中央屋根には尖塔状の時計台を設け、ベランダに面する開口部の上部を半円形欄間とし開口部回りの壁を前に出すことによって建物を立体的に見せています。両側の戦端は屋根の調子を変え印象的な棟飾りとセグメンタルペディメントと呼ばれる半円形に膨らませた櫛形破風を設えることで単調になりがちな外壁面に変化を与えています。現在は長野市内の飯綱高原に移築され長野県自治研修所となってます。

旧長野県庁舎(長野市):周辺の見所

善光寺山門 善光寺 善光寺本堂 旧長野県庁舎 宝光社 戸隠神社奥社 戸隠神社中社 戸隠神社 火之御子社 九頭竜社 藤屋旅館
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。