長野県・伊那市高遠町・遠照寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県伊那市高遠町>遠照寺
伊那市高遠町:遠照寺
【 概 要 】−遠照寺の前身である薬師堂は嵯峨天皇(第52代天皇・在位:大同4年809年〜弘仁14年823年)の御代に当地まで布教の為に錫を運んだ比叡山延暦寺滋賀県大津市坂本)の住職最澄大師が自ら漆黒の薬師如来像を彫刻し一宇を設けたとされます。鎌倉時代の天福元年(1232)に天台宗の寺院として開山し谷室山天福寺と号するようになり、室町時代に火災により堂宇が焼失し荒廃すると日朝聖人が日蓮宗の寺院として再興し妙朝山遠照寺に寺号を改称しました。日朝聖人は日蓮宗総本山身延山久遠寺第11法王で身延山発展の基礎を築いた高僧として知られ遠照寺は「日朝様開創の霊跡」として日蓮宗の信者から信仰を集めました。江戸時代中期には大年寄という大奥を指導する立場にありながら歌舞伎役者の生島新五郎らを相手に遊興に及んだ絵島が大奥の風紀粛正の為に高遠藩(本城:高遠城)に預かりの身となり、遠照寺だけは外出が許された事から度々当寺を訪れたと伝えられています。遠照寺は文化財も多く、特に釈迦堂(附:多宝小塔)は室町時代後期の名建築とされ国指定重要文化財に指定されています。

遠照寺(伊那市高遠町):周辺の見所

高遠城 満光寺 建福寺 高遠閣 鉾持神社 遠照寺 熱田神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。