長野県・千曲市・旧屋代小学校

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県千曲市>旧屋代小学校
【 概 要 】−屋代小学校の前身である屋代尋常小学校は明治6年(1873)に開校、当初は北国街道の宿場町だった矢代宿の本陣職を担った柿崎源左衛門家が校舎として利用されました。明治21年(1888)、生徒も増え手狭になった為、新たな校舎の新設望まれ旧本館校舎が建てられました。旧本館校舎は木造2階建て、入母屋、桟瓦葺、平入、外壁は下見板張、ペンキ塗仕上げ、玄関ポーチとその上部のベランダが大きな特徴で屋根は三角ペグメントに凝った木彫の彫刻、洋風手摺、2階出入口にはファンライト風の半円形の欄間、縦溝と柱飾りのある円柱、バージボード、網代天井など多くの意匠が集中し建物の正面性を演出しています。その他には縦長の上げ下げ窓の採用や、ギヤマン(ガラス)など当時の洋風建築の要素を取り入れています。長野県内で明治時代中期に建てられた数少ない木造洋風学校建築の1つとして貴重なことから昭和48年に千曲市指定有形文化財に指定されています。

※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。