長野県・東御市・旧和学校

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)長野県東御市>旧和学校
【 概 要 】−案内板によると「 本記念館は明治12年(1879)上田、東田沢、共立(栗林)の三校を統合し、一村一校の小学校として設立以来昭和39年3月まで85年間、和教育の殿堂として存続したものである。」とあります。前身である栗林学校は明治6年(1873)に開校し、当初は栗林村普賢寺を校舎として利用していました。その後、共立学校が創設、さらに周辺の村々の小学校を統廃合し明治11年(1878)に和学校に校名を改称しています。現在の建物はその当時のもので建物は木造2階建て、入母屋、瓦葺き、明治初期の学校建築ということもあり和風を主体としていますが、玄関入り口上部が大きなアーチ状とし腰壁を下見板張りにするなど洋風建築の要素を取り入れ、洋風建築への以降期に建てられたものだと感じれます。現在は「和学校記念館」として整備保存され内部には教育資料、当時の教科書、当時の子供が利用した生活用品、民具、和地区から発掘された出土遺物、民俗資料の展示などに活用されています。旧和学校校舎は昭和54年に長野県指定県宝に指定されています。

旧和学校(東御市):周辺の見所

旧和学校 海野宿 白鳥神社(海野宿)
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。