新潟県・上越市・浄興寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県上越市>浄興寺
【 概 要 】−浄興寺の創建は建保2年(1214)に親鸞が笠間郡稲田郷(茨城県笠間市)に草庵(西念寺)を開いたのが始まりとされます。元仁元年(1224)に教行信証を完成させた親鸞は喜んでこの草庵を歓喜踊躍山浄土真宗興行寺と名付けました。親鸞は住職を弟子に任せ、京に戻り弘長2年(1262)に死去、遺言により浄興寺に埋葬されます。その後常陸板敷山(茨城県石岡市)、常陸磯辺村(茨城県常陸太田市)、信濃長沼(長野県長野市)、小市村(長野市安茂里)、信濃別府(長野県須坂市)と移転を繰り返し永禄10年(1567)に春日山城の城主上杉謙信の庇護によって春日山城の麓へ移って来ます。謙信の後を継いだ景勝は春日山城から会津鶴ヶ城(会津若松市)に居城を移した為、新たに上越の領主となった堀氏の居城福島城下に移り、さらに高田藩(本城:高田城)が立藩すると寛文5年(1665)に起こった地震後に高田城の城下(寺町)に移転しました。

浄興寺(上越市):周辺の見所

榊神社 林泉寺 五智国分寺 春日山城 旧師団長官官舎 浄興寺 居多神社 楞厳寺 明静院 高田城 菅原神社 圓田神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。