新潟県・妙高市・関山神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)新潟県妙高市>関山神社
【 概 要 】−関山神社の創建は和銅元年(706)に裸行上人が妙高山を登拝した際、山頂で弥陀三尊の化身の出現を得た事から霊地と悟り阿弥陀三尊を祀る祠を設けると、和銅2年(707)に麓(関山)に社殿を設けたのが始まりとされます。大同年間(806〜810年)には真言宗の開祖である弘法大師空海が関山神社に修行に訪れ、その時得た神託を天皇に告げると、勅命により社領3千石が寄進され境内には堂宇、社殿が造営されました。関山神社は平安時代後期に成立した延喜式神名帳に記載されている式内社(大神社※論社多数)大神社の論社で、古くから妙高山を修行場とする修験道と神仏習合し、妙高山関山三社権現と称していました。関山神社の別当は関山宝蔵院、奥の院を妙高堂(本尊:妙高三尊阿弥陀如来像)として妙高山山岳信仰の中核として広く影響力がありました。妙高五山(関の庄)は関山神社、宝蔵院の所領とされ許可が無ければ入山禁止とされ半ば治外法権のような所で領主や藩主も口出しが出来なかったそうです。関山神社は鎌倉時代には木曽源氏棟梁である木曽義仲、戦国時代には春日山城(上越市)の城主である上杉謙信の帰依が特に篤かったとされ最盛期には七堂伽藍70余坊を抱えるほど繁栄を極め越後第一の霊地とされました。謙信が死去すると後継ぎ争いが激化、"御館の乱"が起こり上杉家が一時弱体化すると間隙をついて織田信長(安土城の城主)家臣森長可が越後に侵攻し堂宇、社殿は焼き討ちにより焼失し一時衰退します。しかし、東叡山天海の弟子大僧都俊海(謙信の甥)が関山神社を再興し幕府から100石の社領を安堵され寺運も再び隆盛し文政元年(1818)には現在の本殿が再建されています。明治時代に入ると神仏分離令により別当の関山宝蔵院は廃され改めて社号を関山神社と改称、昭和6年には県社となっています。祭神は国常立尊(関山大権現・本地仏:聖観世音菩薩)・伊弉冉尊(白山大権現・本地仏:十一面観世音菩薩)・素盞鳴尊(新羅大明神・本地仏:騎獅文殊菩薩)。

関山神社(妙高市):周辺の見所

鮫ヶ尾城 関山神社 妙高堂 関山宝蔵院跡 斐太神社 東本願寺新井別院
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。