栃木県・那須烏山市・八雲神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)栃木県那須烏山市>八雲神社
【 概 要 】−八雲神社の創建は永禄3年(1560)時の烏山城主那須資胤が大桶から酒主村十文字に牛頭天王(素盞鳴命)の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。城下の中心地に鎮座していた事から特に庶民から信仰され、例祭は年々盛んになり踊りから狂言、歌舞伎舞踊へと発展し同時に舞台装置や舞台背景も凝った形になりました。江戸時代末期にようやく現在の"烏山の山あげ行事"のような形になったとされ所謂、野外歌舞伎と呼ばれる形態となりました。古くから神仏習合していましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が排され八雲神社に改称し、大正3年(1914)に現在地に遷座されました。八雲神社の"烏山の山あげ行事"は昭和54年(1979)に国重要無形民俗文化財に指定されています。

八雲神社(那須烏山市):周辺の見所

八雲神社 大平寺 泉渓寺 宮原八幡宮 慈眼寺
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。