栃木県・栃木市・六角堂

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)栃木県栃木市>六角堂
【 概 要 】−案内板によると「 当山は、天長4年(827)慈覚大師により開創され、第53代淳和天皇の勅願寺として栄え、大平大権現社(現太平山神社)の別当寺院として近郷の人々に信仰されてきました。その後、明治期の神仏分離令によって山上より廃棄されましたが、地元をはじめ市内有志者一同の並々ならぬ努力と浄財儀損の協賛により、連祥院本堂六角堂は、明治38年に建立されました。現在の本堂は、瓦一枚奉納運動等の浄財により、屋根改修、木材洗浄を行い、建立当時の優美さを今もなお保ちつづけています。」とあります。連祥院六角堂は栃木県指定有形文化財に指定されています。

六角堂(栃木市):周辺の見所

旧栃木町役場 舘野家住宅 太山寺 旧県庁堀 栃木病院 旧安達呉服店 六角堂
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。