栃木県・栃木市・旧県庁堀

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)栃木県栃木市>旧県庁堀
【 概 要 】−案内板によると「 明治4年(1871)廃藩置県のあと、下野国は栃木県と宇都宮県に分かれ、ついで明治6年栃木県は宇都宮県を合併し、この地に栃木県庁が置かれ、栃木町は政治、経済、文化の中心として栄えました。県庁には幅約6mの掘を東西約246m、南北約315mの矩形にめぐらしました。巴波川との間には運河がつくられた、敷地内には舟の荷揚げ場が設けられました。このような例は、全国にはありません。その後、明治17年県令三島通康は、強引に県庁を宇都宮に移しましたが、県名は栃木県としてそのまま残りました。」とあります。県庁堀附漕渠は平成8年に栃木県指定史跡に指定されています。

旧県庁堀(栃木市):周辺の見所

旧栃木町役場 舘野家住宅 太山寺 旧県庁堀 栃木病院 旧安達呉服店 六角堂
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。