栃木県・宇都宮市・大谷公会堂

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)栃木県宇都宮市>大谷公会堂
【 概 要 】−旧大谷公会堂は昭和天皇の即位を記念して昭和4年(1929)に建てられた建物です。当初は城山村公会堂として利用され村議会場、芝居小屋、演劇場、映画館など様々な用途を経て現在は倉庫となっています。建物は、石造平屋建て、切妻、妻入りで正面性を強調する為、パラペットを屋根に沿って大きく立ち上げ4本の装飾柱を設えることで印象深くしています。装飾柱には細かな細工が施され、両側の面にはバットレス状の控え壁が見られるなど当時の建築の意匠や技術など見られ又、地元大谷石を利用した象徴的な建物とした国登録有形文化財に指定されています。大谷石は地元産で耐火性や加工性に優れていた為、往時は数多くの建物(フランク・ロイド・ライト設計の帝国ホテル・宇都宮カトリック教会・坂倉準三設計の神奈川県立近代美術館など)の外壁や、石塀などにも利用されてきましたが、現在は限定的となり、利用する場合は市町村から助成金が出されるなど普及に尽力しています。

大谷公会堂(宇都宮市):周辺の見所

多気不動尊 宇都宮城 御止山 大谷寺 カトリック松が峰教会 大谷公会堂 羽黒山神社 二荒山神社
※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。