富山県・五箇山・岩瀬家住宅(合掌造)

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)富山県五箇山>岩瀬家住宅(合掌造)
【 概 要 】−岩瀬家住宅は五箇山で加賀藩焔硝(鉄砲火薬)上煮役を務めた藤井長右衛門の役宅兼住宅として江戸時代後期に建てられたものです。桁行26.4m、梁間12.7m、高さ14.4m、1重4階と五箇山白川郷地方最大の合掌造住宅で天領であった白川郷に加賀藩(本城:金沢城)の権威を見せ付ける為に建てられたとも言われています。その為、書院の間や奥式台、武者隠しの間など格式の高い要素が取り入れられ木割りが太く、欅などの良材がふんだんに使用され仕上げも精巧になっています。1階の間取りは「マヤ」、「デイ」、「ジロオエ」、「カミノジロ」、「カッテ」、「アラトノマ」、「ヨジョウマ」、「ヘヤ」、「ヘヤ」、「ナカノマ」、「マワリザシキ」、「ナカノヘヤ」、「ブツマ」、「オクノヘヤ」などの部屋が配されていました。岩瀬家住宅は当地方最大規模でなおかつ合掌造りの最も完成形に近い様式を現在に伝える大変貴重な遺構として昭和33年に国指定重要文化財に指定されています。関係性は判りませんが、隣地には角淵山行徳寺が境内を構え茅葺鐘楼門庫裏が南砺市指定文化財に指定されています。

岩瀬家住宅(五箇山):周辺の見所

相倉合掌造集落 行徳寺 白山宮 岩瀬家住宅 寿川念仏道場 流刑小屋 菅沼掌集落

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。