富山市岩瀬・旧森家住宅(北前船廻船問屋)

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)富山県富山市岩瀬>旧森家住宅(北前船廻船問屋)
【 概 要 】−森家は、代々四十物屋仙右衛門を世襲してきた船持ちの肥料問屋を営んできた家柄です。現在の建物は明治11年(1878)に建てられたもので木造2階建て、切妻、平入り、1・2階共正面屋根庇が大きく張り出し太い出桁で押えています。外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、開口部は細格子窓で2階の外壁両側には防火用の袖壁が設えています。建物の間口が広く平面は三列四段型で全面と蔵前に中庭が配され通気と採光が取れるようにし店部分から背後の蔵や裏の船着場まで通り土間が通っています。その他にも座敷や床の間、箱階段、吹抜けの梁・差物・帯戸、土蔵扉の鏝画など見所が多く、当時の廻船問屋の生活の一端が分かる大変貴重な建物として国指定重要文化財に指定されています。

スポンサードリンク

旧森家住宅(富山市岩瀬):周辺の見所

東岩瀬駅 旧森家住宅(北前船廻船問屋) 岩瀬諏訪神社

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。