富山県・砺波市・千光寺

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)富山県砺波市>千光寺
【 概 要 】−千光寺の創建は大宝3年(703)、法道上人(天竺の高僧)が開いたのが始まりと伝えられています。当初は三輪宗の寺院でしたが衰退し空海が再興、その後真言宗の寺院として寺運が隆盛し、桓武天皇から7帝続けて勅願所となり毎年勅使を迎え入れたそうです。永禄年間(1558〜70)上杉謙信(春日山城の城主)の越中侵攻の兵火にあい多くの堂宇、寺宝、記録などが焼失しましたが天正年間(1573〜92)、越中を手中にした豊臣秀吉は霊夢で千光寺の観音様から御告げがあり境内の整備を行いました。江戸時代に入ると、加賀藩(本城:金沢城)主前田家から庇護され寺領などが寄進されました。


 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。