富山県・富山市・内山邸

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)富山県富山市>内山邸
【 概 要 】−内山家は大永・享禄年中(1521〜31)にこの地に土着すると新田開発を推し進め大地主となりました。江戸時代に入ると歴代十村役(大庄屋)を勤め大きな影響力を持ち1千石地主と呼ばれました。現在の建物は慶応4年(1868)に建てられた、木造平屋建て(1部2階建て)、切妻、瓦葺きで、正面の玄関には式台が付き当時豪農としての格式が感じられ、3759坪の敷地内には広大な庭園が広がっています。現在は富山県が譲り受け県民会館として再利用されています。内山邸は国登録有形文化財に指定されています。

内山邸(富山市):周辺の見所

内山邸 富山寺 最勝寺 来迎寺 中島閘門 長岡御廟 光厳寺 金岡邸 各願寺 大法寺 朝日の滝 五百羅漢

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。