山梨県・南アルプス市・深向院

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)山梨県>山梨県・南アルプス市・深向院
【 概 要 】−深向院の創建は天長年中(824〜33)に弘法大師が開いたのが始まりと伝えられています。鎌倉時代初期に武田五郎信光が再興し寺号を信光寺に改称し末寺40ヶ寺を擁する大寺となりました。当初は真言宗の寺院でしたが天文年間(1532〜55)、当時の領主跡部大炊介が玄紹宗黄(興因寺5世)を招き中興開山し曹洞宗に改宗しました。境内には桁行12間、梁間8間の本堂をはじめ、鐘楼門や禅堂、知客寮、開山堂などが建立されましたが寛政12年(1800)の火災によりほとんどの堂宇が焼失しています。寺宝である木造釈迦如来座像は至徳2年(1385)に阿闍梨増光が製作したと伝わるもので桧材、寄木造、座高23.5cm、製作年、製作者が明らかで当時の作風がわかる貴重なものとして山梨県指定文化財に指定されています。

※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。