狗邪韓国(私論)

 全国の観光と歴史的建築物(ホーム)邪馬台国邪馬台国の架空説を導く○○>狗邪韓国

邪馬台国は「倭」に存在するのか

今までの検討により、邪馬台国は存在しないという考えに達しましたが、「略載」のある国々の比定地を当サイトなりに考察していきます。興味の無い方は読み飛ばしていってください。

【 狗邪韓国 】−狗邪韓国は「其北岸狗邪韓國」の一文で「其」が「倭」を指している事から倭の北岸にあると理解し、倭国を構成している国の1つとしました。又、魏志韓伝では「韓」は東西は海を以て限りと為し、南は「倭」と接す。弁辰伝ではトクロ国が「倭」と接す。とあります。

魏志倭人伝上で起点となったのは、「金海」、「巨斉島」、「釜山」など諸説ありますが、当サイトでは朝鮮半島の岸で水行と度海の起点になるのは「金海」が相応しいと考えています。絶対的な確証はありませんが金海は海岸線に位置し、周辺からは当時の日本の遺物が数多く発見されている事から、かなり角度が高いと思います。ただし、狗邪韓国については魏志倭人伝上も多くの矛盾があり考察が必要です。

」は国境に至、「」は目的地の都に到と定義付け、狗邪韓国には「」と「」の両方の字が付けられています。これは倭の国境と狗邪韓国の都(目的地)と同義であると解釈しました。伊都国の例から見ると、帯方郡の役人が目的地から先の国に足を運んでおらず、所謂「放射説」のように奴国不弥国の距離が計られていますが、狗邪韓国は目的地である倭の国境でもあり「」が使われているものの、通過点でもある「」が併記されている事から、「放射説」のような起点にはなっていないと解釈しました。

同時に魏志倭人伝では女王国の北方に位置する国々には略載が記載されていると記されているにも関わらず、狗邪韓国には「国王」、「官名」、「方角」、「国内の移動方法」、「国の距離」、「戸数」、「国の様子」が記されて無く矛盾します。

この事から「倭」の国境ではあるものの魏志韓伝では弁辰狗邪国が出現する事から、倭人伝の狗邪韓国と同義である為に略載が省かれたとの説もあります。

個人的な考察としては「国王」、「官名」、「方角」、「国内の移動方法」、「国の距離」、「戸数」が記されていない事から、国と表現されているものの、拠点的な施設のような存在だったのではないかと思います。例えば対馬海峡を渡航する船の発着場となる港湾施設や、その港湾施設を守備する柵や土塁などを城壁で囲んだ範囲を狗邪韓国と呼んでいたのではないでしょうか?もしこの様な施設であれば、管理する役人と守備する兵士だけとなり、一般国民がいない為、当然、国王も官僚も、庶民の家屋も存在しないのは当然です。さらに、広がりのある国土を領していない事から、移動する必要がなく国の距離も態々示す必要性もありません。確かに、「国の様子」は記されていませんが、「奴国」や「不弥国」も実際に帯方郡の役人が訪れなかった場合は記されていない例がある事から、狗邪韓国でも軍事施設でもある為、行動に制限があり様子が判らなかったのかも知れません。

当時の朝鮮半島南部には倭人と呼ばれ、北九州製の甕棺や丹塗研土土器が複数発見されている事から、北部九州と略同じ文化を共有した人達が数多くいたという説も有力である事からも、現在の大使館的な施設だった可能性があります。

ただ、狗邪韓国がある程度の領域があり国として成立し、倭国の一員であるならば、国王が居ないにしろ伊都国から派遣された官僚や、当然そこに住む国民の家屋数や距離が記されいるはずで、それらが記されていないという事はやはり、限定的な領域で、特殊な役割を持った役人や兵士だけで構成されていたと見るべきと思います。

狗邪韓国

まず、魏志倭人伝では本来、国境との距離を示す事を役割の1つとして捉えているはずですが、肝心の「韓」と「倭」の境が全く記されていません。中国から見ると当時の「韓」、「倭」は国家の体裁が整っておらず境が曖昧模糊だったとも考えられます。一方、倭人伝と対の関係とされる魏志韓伝を見ると「方4千余里」という一文があります。倭人伝の対馬国や壱岐国でも見られるように「方」と記していながら国の面積とは全く関係が無い事は明白で、実際はその2方を加える事で、国の長さを示していました。

そこで、2方の合計が韓伝の8千里、残りの2方の合計が倭人伝の7千里(帯方郡から狗邪韓国までの距離)、これを正方形に見立てると倭人伝の方が1千里短い事となり、その差が朝鮮半島での「倭」の長さと推察しました。よって、「韓」と「倭」の国境と同義である「馬韓」と「狗邪韓国」の国境は帯方郡から水行7千里(「從郡至倭」の「至」は倭までの国境を意味する為、合致します)、そこから北東に千里程が倭の版図と思われます(一般的には釜山から西方に狗邪韓国の版図が広がっていると解釈されていますが、奇しくも逆方向になってしましました)。当サイトでは方4千里とは国の長さを現わすもので、[馬韓:7千里]・[倭:千里]・[辰韓・弁韓:8千里]=1万6千里と解釈しました。

又、魏志倭人伝では里の最低単位が百里である事から、狗邪韓国の国境は韓(馬韓)から東の国境は百里未満という極めて限定的だったと思われます。朝鮮半島の南部は「倭」と呼ばれる地域が一定程度面的な広がりがあったものの、後世、当地域は任那と呼ばれた小国連合体だった事から、狗邪韓国もその中にあった小国のような存在だった可能性が高いと思われます。

狗邪韓国には「官名」、「戸数」、「国の様子」が無いのも疑問の1つで、「倭」の地にある国ではあるものの、倭国では無いとも考えられます。当サイトでは倭国としていますが、正直、積極的な根拠はありません。「倭」の地にある国である事は間違い無いと思いますが、では「狗邪韓国」が一体何なんだと聞かれれば、やはり倭国としか言いようがないという消極的な理由です。魏志韓伝では弁辰狗邪国が出現する為、倭人伝の狗邪韓国と同義とする説もあります。

スポンサーサイト
※ このサイトは予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、リンクはフリーです。