横須賀城(不開門): 撰要寺

  ホーム城郭建築静岡県城郭建築>横須賀城(不開門)
横須賀城(不開門)−撰要寺
【 不開門:概要 】 切妻、本瓦葺、三間一戸、潜り戸付き、総松材造り、12代横須賀城の城主本多利長(正保2:1645年〜天和2年:1682年)の時代に建築、明治時代初期に横須賀城が廃城になると撰要寺の山門として現在地に移築されました。

【 場 所 】 撰要寺:静岡県掛川市山崎

【 備 考 】 昭和48年(1973)3月28日、掛川市指定文化財(建造物)に指定されています。

スポンサードリンク

※ 当サイトは現地の案内板や資料等を参考にしていますが、誤字脱字、解釈の違い、私論等などが含まれている可能性がありますので最終確認は個人等で行ってください。又、予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。