茅葺屋根: 陸奥国分寺(山門)

全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茅葺屋根:集落宮城県(下戸沢宿など)>陸奥国分寺(山門)
陸奥国分寺(山門)
陸奥国分寺(山門
陸奥国分寺
・場 所宮城県仙台市若林区木下
・建築年・江戸時代初期:慶長12年(1607)
・形 体・入母屋、茅葺、三間一戸、八脚単層門。
・文化財・宮城県指定文化財
・指定日・昭和50年(1975)4月30日
・概 要・陸奥国分寺は奈良時代に聖武天皇の勅願で行基菩薩により創建された官寺で、朝廷の権力が衰微すると衰退しましたが、江戸時代に仙台藩主伊達家の尽力により再興を果たしています。
旧佐藤家住宅洞口家住宅旧中沢家住宅陸奥国分寺西光寺圓通院宝鏡寺三聖堂滑津宿本陣
和渕神社旧小関家住宅佐々木家住宅旧亘理邸(古鹿山房)鈴木家住宅(春蘭亭)有備館
高蔵寺(阿弥陀堂)石雲寺有壁宿本陣旧石垣家住宅旧木村家住宅旧八巻家住宅水主衆民家
※ このサイトの、写真や文章のコピーは遠慮してください。又、茅葺屋根は維持管理が難しく多額な費用がかかる為、現在は他の屋根材に葺き替えらている可能性があります。最終確認は自己責任で行ってください。御理解の程よろしくお願いします。