茅葺屋根: 流刑小屋

全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茅葺屋根:集落富山県(五箇山など)>流刑小屋
流刑小屋
流刑小屋(その他
流刑小屋
・場 所富山県南砺市田向
・建築年・江戸時代中期:明和5年(1769)以後
・形 体・木造平屋建、切妻、妻入、間口2.7m、奥行3.6m
・文化財・富山県指定有形民俗文化財
・指定日・昭和40年(1965)
・概 要・江戸時代に加賀藩の流刑小屋として建てられた建物です。当時の五箇山は陸の孤島として流刑地に定められていました。当時の遺構が残されている事は極めて貴重とされます。
浮田家住宅西勝寺行徳寺流刑小屋白山宮旧上中田念仏道場寿川念仏道場西方念仏道場
相念寺(東方念仏道場)圓浄寺村上家住宅岩瀬家住宅羽馬家住宅佐伯家住宅
※ このサイトの、写真や文章のコピーは遠慮してください。又、茅葺屋根は維持管理が難しく多額な費用がかかる為、現在は他の屋根材に葺き替えらている可能性があります。最終確認は自己責任で行ってください。御理解の程よろしくお願いします。