茅葺屋根: 革秀寺(本堂)

全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茅葺屋根:集落青森県>革秀寺(本堂)
革秀寺(本堂)
革秀寺(大名菩提寺
革秀寺
・場 所・青森県弘前市藤代
・建築年・江戸前期:慶長年間(1596〜1614年)
・形 体・木造平屋建、入母屋、茅葺、桁行9間、梁間8間。
・文化財国指定重要文化財
・指定日・平成5年(1993)8月17日
・概 要・革秀寺は格翁和尚の隠居寺として創建された寺院で、弘前藩初代藩主津軽為信が死去すると菩提寺に定められました。境内にある津軽為信霊屋(霊廟建築)も国指定重要文化財。
旧笠石家住宅江渡家住宅大慈寺法眼寺浄仙寺旧平山家住宅大円寺見町観音堂旧岩田家住宅
旧梅田家住宅革秀寺石戸谷家住宅旧小山内家住宅旧圓子家住宅楠美家住宅旧坪田家住宅
旧苫米地家住宅岩木山神社
※ このサイトの、写真や文章のコピーは遠慮してください。又、茅葺屋根は維持管理が難しく多額な費用がかかる為、現在は他の屋根材に葺き替えらている可能性があります。最終確認は自己責任で行ってください。御理解の程よろしくお願いします。