茅葺屋根: 見町観音堂

全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茅葺屋根:集落青森県>見町観音堂
見町観音堂
見町観音堂(観音堂
見町観音堂
・場 所青森県上北郡七戸町見町
・建築年・江戸時代初期:延宝4年(1676)
・形 体・木造平屋建、宝形造、茅葺、桁行3間、梁間3間、素木造。
・文化財・青森県・重宝
・指定日・昭和60年(1985)
・概 要・応永3年に南部政光が創建した古寺で、絵馬や羽子板、読経札、棟札、順礼札など359点が残されており国指定重要有形民俗文化財に指定されています。
旧笠石家住宅江渡家住宅大慈寺法眼寺浄仙寺旧平山家住宅大円寺見町観音堂旧岩田家住宅
旧梅田家住宅革秀寺石戸谷家住宅旧小山内家住宅旧圓子家住宅楠美家住宅旧坪田家住宅
旧苫米地家住宅岩木山神社
※ このサイトの、写真や文章のコピーは遠慮してください。又、茅葺屋根は維持管理が難しく多額な費用がかかる為、現在は他の屋根材に葺き替えらている可能性があります。最終確認は自己責任で行ってください。御理解の程よろしくお願いします。