茅葺屋根: 満照寺(黒田不動堂)

全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茅葺屋根:集落福島県(大内宿など)>満照寺(黒田不動堂)
満照寺(黒田不動堂)
満照寺(黒田不動堂
黒田不動堂
・場 所福島県いわき市田人町黒田別当
・建築年・江戸時代中期:元禄14年(1701)
・形 体・木造平屋建、宝形造、茅葺、桁行3間、梁間3間、総欅造
・文化財・福島県指定重要文化財
・指定日・昭和30年(1955)12月27日
・概 要・不動堂は中世修験寺院だった大聖寺の境内にあった堂宇で、その後、室町時代に法印宥長によって創建された満照寺が同じ境内に移ってきました。
旧五十島家住宅叶津番所(長谷部家住宅)旧五十嵐家住宅松風亭蘿月庵洗心亭楽寿亭南泉寺
龍寳寺慶徳寺龍門寺子安観音堂(大内宿)檜枝岐の舞台大桃の舞台旧外島家住宅専称寺
阿部家住宅(美濃屋:大内宿)佐藤家住宅(玉屋:大内宿)恵隆寺(立木観音堂)円満寺(観音堂)
成法寺大福寺勝福寺旧滝沢本陣大内宿:本陣新宮熊野神社(長床)満照寺(黒田不動堂)
円蔵寺(奥之院:弁天堂)八葉寺(阿弥陀堂)
※ このサイトの、写真や文章のコピーは遠慮してください。又、茅葺屋根は維持管理が難しく多額な費用がかかる為、現在は他の屋根材に葺き替えらている可能性があります。最終確認は自己責任で行ってください。御理解の程よろしくお願いします。