山梨県の楼門建築

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の楼門:建築>山梨県
名 称
内   容
場  所
・天沢寺天沢寺は室町時代に飯富虎昌が鷹岳宗俊和尚を招いて創建した寺院です。山県昌満が再興、その後は武田家から庇護され寺運が隆盛しています。武田家が滅ぶと徳川家が庇護し寺領の寄進が行われています。山門は江戸時代中期に造営されたもので三間一戸、八脚楼門、甲斐市指定有形文化財に指定。

天沢寺の楼門写真はこちら

・山梨県
甲斐市
・那賀都神社那賀都神社は景行天皇の時代に日本武尊により大山祇神、大雷神、高オカ神の3神の分霊を勧請し創建された古社です。その後、役行者小角が修行場となり、奈良時代には泰澄大師や行基菩薩、平安時代には弘法大師空海などの名僧が修行に訪れています。その後、衰微しましたが江戸時代中期に羽黒派修験東叡山により再興されています。古くから神仏習合していましたが、明治時代の神仏分離令により那賀都神社となっています。随神門は三間一戸、八脚楼門。

那賀都神社の楼門写真はこちら

・山梨県
山梨市
・海岸寺○海岸寺は奈良時代に高僧として知られる行基菩薩により創建された古寺です。その後、聖武天皇の勅願所となり、中世は甲斐国守護職武田家の祈願所として篤く庇護されました。戦国時代に武田家が滅びると徳川家の庇護となり寺領が安堵されています。観音堂は江戸時代後期に立川流の名工、立川和四郎富昌が手掛けたもので北社市指定文化財に指定。山門は一間一戸、四脚鐘楼門。

海岸寺の楼門写真はこちら

・山梨県
北杜市
・慈眼寺○慈眼寺は室町時代に宥日上人により再興された寺院で、戦国時代には甲斐国守護職の武田家の祈願所として庇護された事で大きく繁栄します。天正10年(1582)に織田、徳川連合軍の武田領侵攻により境内が荒廃し、庇護者を失いましたが、その後に領主となった徳川家の庇護により再興を果てしています。現在の本堂、庫裏、鐘楼門は江戸時代初期に再建されたもので国指定重要文化財に指定。

慈眼寺の楼門写真はこちら

・山梨県
笛吹市
・福光園寺○福光園寺は飛鳥時代に聖徳太子により創建されたと伝わる古寺で、奈良時代には行基菩薩、平安時代には弘法大師空海が訪れたとされます。鎌倉時代には甲斐国の実力者である三枝氏から庇護され「木造吉祥天及び二天像」が寄進されています。室町時代に入ると甲斐国守護職である武田家が庇護し、戦国時代に武田家が滅ぶと徳川家が庇護し寺領が安堵されています。山門は江戸時代初期に造営されたもので一間一戸、四脚鐘楼門、笛吹市指定文化財に指定。

福光園寺の楼門写真はこちら

・山梨県
・笛吹市

山梨県1塩沢寺穴切大神社甲斐善光寺大泉寺法泉寺
山梨県2天沢寺那賀都神社海岸寺慈眼寺福光園寺
山梨県3恵林寺景徳院大善寺武田八幡宮韮崎窟観音
山梨県4円通院久遠寺法性寺妙法寺薬王寺

※ 当サイト「全国楼門建築」は資料や案内板、パンフレットなどを参考にして編纂していますが、個人的な意見も含まれている為、最終確認は自らの責任により最終確認してください。又、写真や文章のコピーは遠慮してください。