※このサイトは境内に山門(門扉)がある神社の写真や、私論、感想を掲載しています。

 神社山門: 湯岐八幡宮

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の神社山門福島県>湯岐八幡宮(東白川郡塙町)

湯岐八幡宮

湯岐八幡宮(福島県東白川郡塙町)
【 概 要 】−湯岐八幡宮は天文8年(1538)に湯岐温泉の湯守が別当となり創建した神社です。社殿は小規模ながら江戸時代後期に造営された古建築物で塙町指定文化財に指定されています。

【 場 所 】−福島県東白川郡塙町大字湯岐字八幡山

【 構 造 】−切妻、桟瓦葺、三間一戸、八脚単層門

【 備 考 】−湯岐温泉の湯守を歴任した大森和泉守により創建された神社とされますが、大森和泉守の出自が良く判りませんでした。年代的には当地の源姓の土豪が主家が滅びた事で帰農した際に温泉場を開発したとも考えられます。

福島県の神社山門
堂山王子神社大鏑矢神社田村大元神社二本松神社心清水八幡神社伊佐須美神社桙衝神社
馬場都々古別神社宇迦神社湯岐八幡宮古殿八幡神社霊山神社田村神社飯野八幡宮
鹿島神社涼ヶ岡八幡神社八槻都々古別神社
 ※ このサイトは資料やパンフレット、案内板などを参考にしていますが、私的な見解や推察などが多分に含まれている為、最終的な確認、決断は個人で行ってください。又、文章や写真の利用は御遠慮ください。