西福寺: 楼門

写 真
リンク
西福寺(新潟県・阿賀野市)

西福寺(新潟県・阿賀野市)概要: 西福寺は何時頃から信仰されていたのかは不詳、戦国時代の天文13年(1544)に京ヶ瀬村小河原から現在地に境内を移して再興され寺号を「西福寺」に改めています。西福寺山門は三間一戸、入母屋、桟瓦葺、八脚鐘楼門(上層部が鐘撞堂)、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、正面に格子戸、左右に花頭窓、周囲に高欄、「玉峰山」の山号額が掲げられています。本堂(旧観音堂)には本尊である釈迦牟尼如来像をはじめ、蒲原三十三観音霊場第17番札所に選定されている聖観世音菩薩像、十六羅漢像などが安置されています。

※ 当サイト「全国楼門建築」は資料や案内板、パンフレットなどを参考にして編纂していますが、個人的な意見も含まれている為、最終確認は自らの責任により最終確認してください。又、写真や文章のコピーは遠慮してください。

ホーム
全国:楼門
新潟県1
新潟県2
新潟県3
耕雲寺
安善寺
乙宝寺
菅谷不動尊
宝光寺
観音寺
西福寺
本成寺
新善光寺
西照寺
白山神社
康源寺
林泉寺
慈眼寺
神宮寺
普光寺
千眼寺