※このサイトは境内に山門(門扉)がある神社の写真や、私論、感想を掲載しています。

 神社山門: 天津神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の神社山門兵庫県>天津神社(三木市吉川町)

天津神社

天津神社(兵庫県三木市吉川町)
【 概 要 】−現在の天津神社本殿は室町時代中期に建てられたもので国指定重要文化財に指定されています。

【 場 所 】−兵庫県三木市吉川町前田

【 構 造 】−入母屋、銅板葺、三間一戸、八脚単層門

【 備 考 】−江戸時代初期の寛文3年(1663)、藤原資廉が勅使として天津神社に宜旨を奉納したとの記録が残されています。同一人物かは判りませんが同年代に藤原北家日野流の柳原資廉と称する公卿がいます。母親は権大納言園基音の娘で霊元天皇の生母である園国子(新広義門院)の妹にあたる事から天皇とは従兄弟の関係となり一族の中でも異例な出世を遂げました。元禄14年(1701)3月14日には東山天皇の勅使として江戸に下向し勅答の儀が行われるはずでしたが、その接待役だった播磨赤穂藩の第3代藩主浅野長矩(浅野内匠頭)が不敬にも乱心を起こし江戸城松之大廊下で、吉良上野介吉央を切りかかる所謂「赤穂事件」が発生しました。この事件により勅答の儀の中止が懸念されましたが、柳原資廉は何事もなかったかのように儀式続行を指示し滞りなく執り行なうことが出来たとしています

兵庫県の神社山門
多田神社湊川神社生田神社稲爪神社柿本神社妙見社五社稲荷神社高座神社廣峯神社
出石神社播磨国総社二村神社住吉神社熊野神社大石神社大避神社酒滴神社天津神社
三田天満神社日岡八幡神社春日神社当勝神社養父神社黒谷若宮八幡宮駒宇佐八幡神社
久々比神社小田井縣神社粟鹿神社赤淵神社貴布禰神社賀茂神社
 ※ このサイトは資料やパンフレット、案内板などを参考にしていますが、私的な見解や推察などが多分に含まれている為、最終的な確認、決断は個人で行ってください。又、文章や写真の利用は御遠慮ください。