※このサイトは境内に山門(門扉)がある神社の写真や、私論、感想を掲載しています。

 神社山門: 黒谷若宮八幡宮

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の神社山門兵庫県>黒谷若宮八幡宮(加東市)

黒谷若宮八幡宮

黒谷若宮八幡宮(兵庫県加東市)
【 概 要 】−黒谷若宮八幡宮本殿は室町時代後期に建てられた貴重なものとして国指定重要文化財に指定されています。

【 場 所 】−兵庫県加東市黒谷

【 構 造 】−入母屋、桟瓦葺、三間一戸、八脚単層門

【 備 考 】−伝承によると、安土桃山時代に三木城(兵庫県三木市本町)が織田家の家臣だった羽柴秀吉に攻められ落城、別所長治の家臣13名が城内から逃れ際、城の守護神だった八幡神を当地に祭ったのが始まりとされます。確かに三木城の隣地には大宮八幡宮が鎮座し別所氏からの信仰が篤かったのは事実ですが、三木城が落城したのは天正8年(1580)、一方、現在の黒谷若宮八幡宮本殿は軒札により永禄7年(1564)に造営した事が明確な為、16年の開きがあり素直に伝承を受け入れる訳にはいかないようです。個人的には本殿の規模や意匠が優れてる事からも領主級の大旦那の必要性が推察される事から中世当地を支配した田尻氏と関係があった印象を受け、本拠だった田尻館からは北東に位置する事から鬼門鎮守だった可能性もあります。又、当時の当主だった田尻甲斐守忠行は三木合戦の際には三木城に立て籠もり討死、嫡男忠政は念佛村に所領を許された事から上記の伝承の繋がったとも考えられます(私論ですが)。

兵庫県の神社山門
多田神社湊川神社生田神社稲爪神社柿本神社妙見社五社稲荷神社高座神社廣峯神社
出石神社播磨国総社二村神社住吉神社熊野神社大石神社大避神社酒滴神社天津神社
三田天満神社日岡八幡神社春日神社当勝神社養父神社黒谷若宮八幡宮駒宇佐八幡神社
久々比神社小田井縣神社粟鹿神社赤淵神社貴布禰神社賀茂神社
 ※ このサイトは資料やパンフレット、案内板などを参考にしていますが、私的な見解や推察などが多分に含まれている為、最終的な確認、決断は個人で行ってください。又、文章や写真の利用は御遠慮ください。