※このサイトは境内に山門(門扉)がある神社の写真や、私論、感想を掲載しています。

 神社山門: 日岡八幡神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の神社山門兵庫県>日岡八幡神社(佐用町乃井野)

日岡八幡神社

日岡八幡神社(兵庫県佐用町乃井野)
【 概 要 】−日岡八幡神社は天喜元年に石清水八幡宮の祭神を御迎えして創建された神社です。歴代領主から崇敬庇護され、特に播磨国の守護職を担った赤松氏が篤く庇護し社運も隆盛します。戦国時代に赤松氏が大名家から没落すると庇護者を失い衰微しました。江戸時代に入ると三日月藩主森家が篤く庇護され、領内の中心的な神社として社領の安堵や社殿の造営などが行われています。現在の社殿は江戸時代初期に建てられたもので作用町指定文化財に指定されています。

【 場 所 】−兵庫県佐用郡佐用町乃井野

【 構 造 】−入母屋、桟瓦葺、三間一戸、八脚単層門

【 備 考 】−三日月藩は江戸時代中期の元禄10年(1697)に津山新田藩主森長俊が当地に1万5千石で入封し立藩しました。森氏は戦国時代に織田家の家臣として仕え、特に森蘭丸は織田信長の小姓として知られました。天正10年(1582)の本能寺の変で蘭丸はじめ多くの一族は討死し、当主である森長可も信濃奥地まで進軍し窮地に追い込まれましたが、長可は蘭丸の領地を引き継ぎ再興を図り、さらには豊臣秀吉に接近する事で信任を得ました。しかし、慶長5年(1600)の関ケ原の戦いでは豊臣家を見限り徳川家に転じ美作国津山藩18万石の藩主となっています。延宝4年(1676)に3代藩主森長武が弟である森長俊に勝北郡北部1万5千石を分知して津山新田藩が立藩し、三日月藩の藩祖となっています。

兵庫県の神社山門
多田神社湊川神社生田神社稲爪神社柿本神社妙見社五社稲荷神社高座神社廣峯神社
出石神社播磨国総社二村神社住吉神社熊野神社大石神社大避神社酒滴神社天津神社
三田天満神社日岡八幡神社春日神社当勝神社養父神社黒谷若宮八幡宮駒宇佐八幡神社
久々比神社小田井縣神社粟鹿神社赤淵神社貴布禰神社賀茂神社
 ※ このサイトは資料やパンフレット、案内板などを参考にしていますが、私的な見解や推察などが多分に含まれている為、最終的な確認、決断は個人で行ってください。又、文章や写真の利用は御遠慮ください。