※このサイトは境内に山門(門扉)がある神社の写真や、私論、感想を掲載しています。

 神社山門: 佐倍乃神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の神社山門宮城県>佐倍乃神社(名取市愛島笠島)

佐倍乃神社

佐倍乃神社(宮城県名取市愛島笠島)
【 概 要 】−佐倍乃神社は当初、道祖神神社と称し景行天皇の御代に日本武尊により創建されたと伝わる古社です。慶長7年の火災により社殿、社宝、記録などが焼失した事から、その間の由来等は不詳。江戸時代に入ると仙台藩主伊達家から崇敬庇護され、初代藩主伊達政宗と4代藩主伊達綱村が社殿を改修し、社領の寄進が行われています。明治時代に入り神仏分離し、社号を「佐倍乃神社」に改めています。

【 場 所 】−宮城県名取市愛島笠島字西台

【 構 造 】−切妻、桟瓦葺き、三間一戸、八脚単層門

【 備 考 】−佐倍乃神社は日本武尊が東征で当地を訪れた際に創建したとされ、垂仁天皇の御代には八津峯に既に鎮座し、雄略天皇の御代に社殿を造営したと伝えられています。一見、古くから大社だった印象を受けますが、六国史や延喜式神名帳に記載されている訳では無い為、中世以降に創建されたのかも知れません。

宮城県の神社山門
和渕神社白鳥神社龍口神社塩釜神社吉岡八幡神社佐倍乃神社大崎八幡宮榴岡天満宮
熊野那智神社多賀神社増田神社竹駒神社八幡神社斗蔵神社拆石神社八雲神社妙見宮
上沼八幡神社仙台東照宮愛宕神社坪沼八幡神社諏訪神社宇那禰神社祇園八坂神社
羽黒神社白山神社須岐神社登米神社
 ※ このサイトは資料やパンフレット、案内板などを参考にしていますが、私的な見解や推察などが多分に含まれている為、最終的な確認、決断は個人で行ってください。又、文章や写真の利用は御遠慮ください。