※このサイトは境内に山門(門扉)がある神社の写真や、私論、感想を掲載しています。

 神社山門: 多賀神社

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の神社山門宮城県>多賀神社(名取市高柳)

多賀神社

多賀神社(宮城県名取市高柳)
【 概 要 】−多賀神社は景行天皇28年に日本武尊によって創建された古社です。格式も高く雄略2年には圭田が寄進され、延喜式神名帳に式内社(多加神社)として記載されていました(明治時代に論争があり富沢の多賀神社が式内社、当社を社地としています)。

【 場 所 】−宮城県名取市高柳字下西

【 構 造 】−切妻、鉄板葺き、三間一戸、八脚単層門

【 備 考 】−多賀神社は当社意外に仙台市太白区富沢にもあり、度々、本社争いになったそうです。創建年は当社が景行天皇28年、富沢が景行天皇40年に日本武尊により勧請された事になっています。日本武尊が実在していたのかは判りませんが、記紀を尊重すると景行天皇12〜14年頃に生まれた事になり、16歳で九州熊襲征伐に出征、景行天皇40年に東国平定の為に出征し、平定後、伊吹山の荒ぶる神に返り討ちとなり、その傷が遠因となり能褒野で亡くなったとされます。その為、東国での日本武尊の伝説は景行天皇40年や41年が多く、富沢の多賀神社もこれに当てはまります。逆に当社の年号では九州征伐の期間中に創建した事になりかなり無理があります。しかし、日本書紀と古事記とでは記述が異なる点も多く、もし、日本武尊が実在するとしたら概ね4世紀から5世紀頃の実績が想定される為、そもそも創建年は当てにならないとも言えます。

宮城県の神社山門
和渕神社白鳥神社龍口神社塩釜神社吉岡八幡神社佐倍乃神社大崎八幡宮榴岡天満宮
熊野那智神社多賀神社増田神社竹駒神社八幡神社斗蔵神社拆石神社八雲神社妙見宮
上沼八幡神社仙台東照宮愛宕神社坪沼八幡神社諏訪神社宇那禰神社祇園八坂神社
羽黒神社白山神社須岐神社登米神社
 ※ このサイトは資料やパンフレット、案内板などを参考にしていますが、私的な見解や推察などが多分に含まれている為、最終的な確認、決断は個人で行ってください。又、文章や写真の利用は御遠慮ください。