山形県:茅葺屋根建築

   全国の観光と歴史的建築物(ホーム)茅葺屋根:集落>山形県
山形県:茅葺屋根建築・概要・歴史
出羽三山と茅葺: 出羽三山は全国でも有数の信仰の山で現在でも数多くの熱心出羽三山神社三神合祭殿の信者や観光客が参拝に訪れてます。往時は山内に茅葺屋根の堂宇が甍を並べていましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令とその後に吹き荒れた廃仏毀釈運動により、羽黒山、月山、湯殿山は何れも神社に転じた為、多くの寺院、支院、坊が廃寺に追い込まれ、それに伴い堂宇も破却され、仏像や仏具も破却、散逸しました。残された茅葺屋根の堂宇も随時葺きかえられた為、現在では数える程になっています。そのような中でも現在、出羽三山の信仰の中心となっている出羽三山神社三神合祭殿は茅葺屋根が維持され威容を誇っています。三神合祭殿は文政元年(1818)に再建されたもので桁行約26m、梁間約20m、高さ28m、茅葺厚さ2.1m、建坪617u、茅葺屋根の木造建築物としては日本最大で、茅葺屋根としても東北随一の規模とされています。又、境内には今では大変珍しくなった茅葺屋根の鐘楼堂も残されています。鐘楼堂は元和5年(1619)に山形藩(山形県山形市・本城:山形城)3代藩主最上義俊(源五郎)が再建、切妻、茅葺、重い屋根と梵鐘を支える為、柱や梁など部材が太く存在感のある建物で国指定重要文化財に指定されています。山麓に境内を構える湯殿山神社の別当だった湯殿山総本寺瀧水寺金剛院大網大日坊の山門(入母屋、三間一戸、八脚門、山形県指定文化財)や、出羽三山の信仰の道として発展した六十里街道の宿場的な機能をもった田麦俣集落には旧遠藤家住宅(木造3階建、多層民家、兜造り、寄棟、平入、国指定重要文化財)などの茅葺屋根が残されています。

スポンサーリンク
 

山形県:茅葺屋根建築
万宝院
万宝院
万宝院
戸沢家墓所
戸沢家墓所
戸沢家墓所
天満神社
天満神社(新庄城)
天満神社
矢作家住宅
矢作家住宅
矢作家住宅
円満寺
円満寺(新庄城:鬼門鎮護)
円満寺
春雨庵
春雨庵
春雨庵
三輪家住宅
三輪家住宅
三輪家住宅
森本家住宅
森本家住宅
森本家住宅
尾形家住宅
尾形家住宅
尾形家住宅
曽我部家
曽我部家住宅
曽我部家住宅
正八幡神社
正八幡神社
正八幡神社
柏倉喜作家
柏倉喜作家
柏倉喜作家
大黒屋
大黒屋
大黒屋
武田家住宅
武田家住宅
武田家住宅
慈恩寺
慈恩寺
慈恩寺
牛谷家の門
牛谷家の門
牛谷家の門
熊野大社
熊野大社
熊野大社
安久津八幡
安久津八幡神社
安久津八幡神社
普門院
普門院
普門院
羽黒神社
羽黒神社
羽黒神社
笹野観音堂
笹野観音堂
笹野観音堂
三神合祭殿
出羽三山神社
出羽三山神社
黄金堂
黄金堂
黄金堂
大日坊
大日坊:湯殿山神社別当寺院
大日坊
遠藤家住宅
遠藤家住宅
遠藤家住宅
松ヶ岡本陣
松ヶ岡本陣
松ヶ岡本陣
水上八幡
水上八幡神社
水上八幡神社
渋谷家住宅
渋谷家住宅
渋谷家住宅
阿部家住宅
阿部家住宅
阿部家住宅
旧松応寺
松応寺観音堂
松応寺観音堂
封人の家
封人の家
封人の家
庄内屋
楢下宿・庄内屋
庄内屋
 
白
 
 
白
 
 
白
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。