長野県の楼門建築

  全国の観光と歴史的建築物(ホーム)全国の楼門:建築>長野県
名 称
内   容
場  所
・善光寺善光寺は推古10年(602)に本多善光が難波の津に漂着された「善光寺式阿弥陀三尊」を得て、信州麻績の里(長野県飯田市:現在の元善光寺)にある生家に祭ったのを起源としています。皇極天皇元年(642)に現在地近くに本尊が遷され大規模な堂宇が造営されました。歴代為政者、領主、周辺大名などから帰依を受け、名立たる大名が善光寺の本尊を巡り奔走しています。特に武田信玄は居城である武田氏館(躑躅ヶ崎館)の城下町に甲斐善光寺を創建し本尊を向かえ、武田家が滅びると織田家、徳川家、豊臣家と所有が移っています。江戸時代に入ると再び長野善光寺に戻され、幕府や領主である松代藩(長野県長野市松代町:本城−松代城)の藩主真田家の庇護となっています。山門は寛延3年に造営されたもので、五間三戸、入母屋、とち葺、2重楼門、国指定重要文化財に指定されています。

善光寺の楼門写真はこちら

長野県
長野市
・正満寺○正満寺は弘治2年(1556)、綿内周辺を支配した井上信満が嫡男である井上正満の死を悼み創建した寺院です。綿内井上氏の菩提寺と庇護されていたと思われますが、戦国時代末期には上杉景勝の会津移封に伴い井上氏は当地を離れています。江戸時代に入ると徳川将軍家の菩提寺増上寺の住職を担った倫誉念海や慧旭等の高僧を輩出しています。山門は元禄17年(1704)に造営されたもので、一間一戸、入母屋、桟瓦葺き、四脚鐘楼門、長野市指定文化財に指定されています。

正満寺の楼門写真はこちら

・長野県
・長野市
・牛伏寺○牛伏寺は聖徳太子が十一面観音を勧請し創建されたと伝わる寺院です。寺号は天平勝宝7年(755)に唐(中国)からの使者が善光寺(長野県長野市)に向う際、当地で2頭のせたまま動かなくなった事に由来しているとされます。信濃三十三番中第27番札所。信州筑摩三十三カ所観音霊場第9番札所。山門は享保11年(1726)に建てられた建物で、三間一戸、入母屋、桟瓦葺、八脚楼門、松本市指定文化財に指定されています。

牛伏寺の楼門写真はこちら

・長野県
・松本市
・金松寺○金松寺は戦国時代の兵火で荒廃した後に武田信玄により再興された曹洞宗の名刹です。山門は三間一戸、入母屋、銅板葺、鐘楼門。

金松寺の楼門写真はこちら

・長野県
・松本市
・見宗寺○見宗寺は永禄年間に開かれた浄土宗の寺院です。戦艦大和艦長有賀幸作中将の菩提寺で境内には墓碑が建立されています。山門は享保4年(1719)に建てられたもので三間一戸、入母屋、銅板葺、八脚楼門、棟梁は地元(平出)出身の名工として知られた平泉伝左衛門(建仁寺流)、辰野町指定有形文化財に指定されています。

見宗寺の楼門写真はこちら

・長野県
辰野町
スポンサーサイト

長野県1善光寺正満寺牛伏寺金松寺見宗寺
長野県2浄念寺東光寺法蔵寺雲龍寺宗林寺
長野県3運松寺大通寺光岳寺信定寺
長野県4玄照寺龍雲寺貞祥寺自成寺安養寺
長野県5蕃松院八幡神社観音寺法華寺教念寺
長野県6定津院宗吽寺西念寺妙見寺光前寺
長野県7徳音寺玉林院池口寺霊松寺碩水寺
長野県8長谷寺苔翁寺高山寺古川寺慈恩院
長野県9泉龍院明音寺嶺頭院清水寺健命寺永福寺慈雲寺上宮寺

※ 当サイト「全国楼門建築」は資料や案内板、パンフレットなどを参考にして編纂していますが、個人的な意見も含まれている為、最終確認は自らの責任により最終確認してください。又、写真や文章のコピーは遠慮してください。